My Life

地方暮らしの様子をお送りします*

地域おこし協力隊の活動費について勘違いしていた!?

f:id:sun81:20180709193654j:plain

こんばんは。おすずです。

 

今年度から地域おこし協力隊担当者が変わり、

割と年齢が近くて、民間から中途?社会人枠?で入ってきた人で、

今までよりも気軽に話せる方で、今日活動費についてお話を聞いてみたのです。

 

私はもともと、協力隊の活動費(年間400万)は国から先にもらって、

その中でお金を使うのかと思っていました。

活動費が余ったら国庫に返納されるっていう話を聞いたことがあったり、下手したら自治体が他の事業で流用しているとかも噂で聞いており、それが本当なのだと思っていました。

 

ところがどっこい!笑

 

今日担当者から聞いた話だと、予算として年400万はあるけど、

最終的に協力隊が使った費用を、国に請求するような形で、あとあと現金?として返ってくるそうなのです。

 

ということは、無理して400万使う必要性はないのです。

 

協力隊によっては、大きな事業をやろうとして、満額400万を使う人もいるかもしれません。

ですが、個人的な感覚と、私のこれまでの活動では、お金を使うこと自体があまりなく、余っている人が多いのでは?と思っていました。

 

その余ったお金はどうなるのだろう?と疑問にずっと思っていたのですが、

今日担当者から聞いてスッキリ。笑

国庫に返納されないし、自治体が他の事業に流用することもないんだそう(どこまでが本当なのかは分からないですが…)。

 

 

自治体によっては、役所(場)と雇用契約を結んでいない協力隊個人にお金を丸投げして管理させているようなところもあります。

この場合は、その個人もしくは民間の団体に委託という形で、一旦市の財源から年間の活動費を支給しているとのこと。

 

個人事業主のように、領収書などを保管してもらって、最終年度?に報告書を作成し、支給された額を、役所が定める規則範囲のなかで使い切ったという証明をすればいいのだそう。

だけど、こっちは結構協力隊も自治体も面倒なんだそう(苦笑)

 

 

じゃあ、丸投げされた協力隊が満額使えなかったらどうなるのか・・・?

そこに関しては聞いていないのでわかりません。

 

役所と雇用関係を結んでいない協力隊は、社会保険とか年金とかも自分でやらないといけないから、そうすると普通に雇用されている人よりも少し割高?になるだろうし、

活動業務でも自分の好きなように(規則の範囲で)活動するだろうから、使い切ってしまうのでは?と。

 

 

とまあ、3年目にして活動費が出る仕組みを知って、

まだまだ知らないことばかりだなあと思わされたのでした。笑

 

今年はまだ視察や研修に行けてないから、

残り最後だし色々見て回りたいけど、なんやかんやで忙しい。汗

 

 

とまあ、活動費について勘違いをしていたので、

1つ記録として記事に残りました。

これから協力隊をやろうとしている方の役に立てたらいいなー。

 

そいでは!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

西日本豪雨被災害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

東北の地からできることをします。