My Life

地方暮らしの様子をお送りします*

これ以上増えてどうするの?~地域おこし協力隊#

 

こんばんは。おすずです。


f:id:sun81:20180609230727j:image

 

 

つい先日、総務省が6年後までに地域おこし協力隊を8000人までに増やすということを発表しました。

 

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei08_02000146.html

 

現協力隊である私が言うのもおかしいことなんですが、

これ以上増やしてどうするん?と。

 

関係人口や交流人口を増やすとか言うてますが、

なんちゃら人口って、これまでも、そういう言葉が流行ってないときからあったんじゃないか、と。

 

それも大事だけど、もっと大事な事があるんじゃないか、と思う。

 

何の成果も出せてない私が言うことでは無いけども、

ぷう太郎な協力隊も山ほどいるんじゃないかと思うんです。

無駄金にしかならんような人選は辞めた方が良い。

あと、導入するのなら、自治体職員の意識改革も求められると思う。

周りの話を聞く限り、担当職員がそもそもの協力隊の制度を理解できてなかったり、

面倒だからという理由で適当に担当してたり。

そんなんじゃ、地域にとっても、協力隊本人にとっても、自治体にとっても、何にもならんちゅーの。

 

そういう人が増えないような、仕組みを作って欲しい。

 

 

協力隊制度に使う予算がどんだけあるかちゃんと分かっていないけど、

まだまだ足りてない分野、これから課題が深刻になるであろう分野へ予算をまわしてもいいんじゃないだろうか。

 

まあ、そういう課題に対して、協力隊が入って地域の人達と協力しあって解決する方向性で動く、みたいな活動内容とかであれば、、やる意味あるのかな?って思ったりするけど、、。

ハードル高すぎて、応募ないだろうな、たぶん。

 

 

わたしは残りの任期で地域の課題解決の協力は出来ない気するけど、

自分なりに納得いく形で終えられるよう、やっていきます。